ストレッチの効果を引き出す5つのコツ|毎日1分ストレッチダイエットに挑戦してみよう!

ストレッチってどんなもの?

©venerala – Fotolia

多くの方は運動を始める前の準備体操として、または身体に不調があるときなど痛みの緩和や凝り固まった身体をほぐすための手段としてストレッチを行っているのではないでしょうか。

「ストレッチ」とは言葉通り伸ばすという意味合いがあり、体の関節を曲げ伸ばしすることによってそこに付随する筋肉を伸ばす動作です。
筋肉は動かさないでおくと萎縮して硬くなってしまいます。そういった筋肉の緊張状態を柔らかくほぐすためにもストッチが有効になってきます。

ストレッチにはゆっくりと筋肉を伸ばす「静的ストレッチ」と、筋肉を曲げたり伸ばしたりを繰り返す「動的ストレッチ」があります。

  • 静的ストレッチ
    一般的にストレッチと呼ばれているもので緊張状態を緩和するリラックス効果がある
    ほかにも、運動後に行うことで疲労回復を高める目的でも行うこともある
  • 動的ストレッチ
    スポーツを行う前に筋肉に負荷をかけながら行うストレッチでウォーミングアップとして行う

ストレッチの効果とは?

©Drobot Dean – Fotolia

ストレッチを行うとどんな効果があるのでしょうか。

ストレッチを続けるだけでもダイエット効果が期待できるともいわれていますが、その理由はどこにあるのでしょうか。

ストレッチの効果①:関節の可動域が大きくなる

運動不足が続くと、以前のように身体が思うように動かないと感じることがありませんか?

体は動かさない状態が長く続くと筋肉が硬くなったり、筋肉の量が減ったりして動きが鈍くなってしまいます。筋肉の萎縮は加齢によっても進みますが、筋肉の柔軟性の後退は大人に限ったことではなく、体の柔らかそうな子供にもいえることなのです。

とはいえ、硬くなった体をストレッチによってほぐし、関節の可動範囲を広げることは可能です。
繰り返しストレッチを継続していけば関節がより深くスムーズに動くようになって可動域が広がり、日常生活でもこれまで以上に活動的になれるかもしれません。

ストレッチの効果②:筋肉が柔らかくなる

加齢や運動不足によって硬くなった筋は萎縮して伸びなくなってしまい、そのため体の柔軟性も損なわれてしまいます。
しかし筋細胞は繰り返しストレッチをすることによってしなやかに伸びるようになり、筋肉量の減少を抑えることも期待できます。

伸縮性のあるジャージのような服とデニムのように硬い服を比べると動きやすさが全然異なりますよね。同じように、柔らかい筋肉を身につけるとスムーズに動けるようになります。

ストレッチの効果③:筋肉がつきやすくなる

ストレッチは筋トレとは違い、あまり筋肉に負荷をかける動作ではありません。

しかし伸ばしたり縮めたりする運動は何も運動をしない状態に比べると、弱いながらも筋肉に負荷をかけていることになるので、じっくりゆったり行うストレッチでも筋肉量の減少を抑えることになります。

ストレッチは筋トレなどの激しい運動が苦手な方でもできる最適な筋力トレーニングの1つともいえますね。

ストレッチの効果④:血液の循環が良くなる

筋肉とは筋繊維が束になってできています。その筋繊維の間には毛細血管が張り巡らされていて、筋肉が固まっていると血液もうまく循環されません。

しかし、筋肉が柔らかくよく動くようになると筋肉内の毛細血管の血行が促進され、酸素や栄養を体の隅々まで届けることができるようになります。

ストレッチはゆるやかな動作ではありますが血行が良くなり体を温める効果があり、代謝を上げる効果も期待できるというわけです。

ストレッチの効果⑤:歪みの改善にも効果が期待できる

普段の姿勢や座り方、何気ない癖は知らず知らずのうちに体の歪みの原因になっていることがあります。
体の歪みはむくみを引き起こしたり、内臓にも悪影響をおよぼす可能性があるので、症状が軽いうちに対処したいものです。

ストレッチはそんな歪みを解消するサポートをしてくれます。

ストレッチは体の関節の動きをなめらかにし、萎縮してしまっている筋肉を柔らかくほぐして体のバランスを正常な状態へと徐々に導いてくれるでしょう。

ストレッチの効果⑥:相乗効果でダイエットにも期待ができる

ストレッチによって萎縮した筋肉がほぐれます。また、ストレッチによって下腹周りの筋肉に刺激を加えることで便秘解消にも期待ができます。

筋肉が伸びるようになって血行が良くなると、体内に溜まった老廃物の排出もしやすくなります。むくみなどが解消されるため体がスッキリと引き締まってきます。

このように、体重の減少に直接的な効果がなくても、体が健康な状態へと近づくことでダイエットやシェイプアップにも効果があるといえるでしょう。

ストレッチの効果を高めるコツは?

©Rido – Fotolia

ストレッチは誰にでもできる簡単な動作ではありますが、アプローチの仕方を間違えていると効果が実感できないということにもなりかねません。とはいえ難しいことではないので以下に紹介する5つのポイントに注意するようにしましょう。

ストレッチの効果を高めるコツ①:大きな関節を意識して行う

ストレッチとは関節を動かして筋肉を伸ばしていく動作なので、体の中の大きな関節を意識して行うようにしましょう。

肩の関節は腕のストレッチ、背骨は首の部分から体幹(胴体)・腰までのストレッチ、股関節は太ももやお尻のストレッチに作用します。

やみくもに体を動かしただけではストレッチの効果が得られない場合も多くあるので、効果的なストレッチをするためには、伸ばしたい筋肉に対してどこの関節を動かしたら良いのかを考えながら行いましょう。

ストレッチの効果を高めるコツ②:ストレッチの種類を組み合わせて行う

ストレッチは同じ動きだけでなく、さまざまな種類を組み合せて刺激の与え方を変える必要があります。

同じ方向のストレッチだけだと可動域が偏ってしまいますので、伸ばすことに「ねじる」「反らせる」などの動作を加えたり強弱を付けるようにしましょう。

ストレッチの効果を高めるコツ③:ストレッチは継続して行うのがカギ!

使わない筋肉は萎縮して硬くなってしまいますが、ストレッチを続けていると筋細胞が柔らかく伸びるようになります。ですが、一度に強い刺激を与えても筋肉はほぐれません。

1つの部位のストレッチは20秒以上かけて伸ばし、痛みを感じない気持ちのよい刺激にとどめるようにします。

初めは就寝前のリラックスタイムに行うようにするなどストレッチを習慣づけるといいですね。毎日行うことが難しい場合でも週に2、3回は行うようにするなど、ストレッチの習慣を途切れさせないようにしましょう。

ストレッチの効果を高めるコツ④:無理をせずにできる範囲で行う

運動不足の方や、元々身体が硬い方などは、初めは可動域が狭い場合があります。自分の身体の動く範囲で無理をせずにストレッチをするようにしましょう。

痛いと感じるほどストレッチをするとかえって筋が硬直してしまい効果が上がらなくなってしまいます。また無理に動かすと筋を痛めてしまうこともあるので、注意しましょう。

ストレッチの効果を高めるコツ⑤:就寝前のリラックスで痩せ体質に近づける

就寝前にリラックスをすることがなぜダイエットに関係してくるのでしょうか。

リラックスをすると副交感神経が優位になり睡眠の質が上がるとされています。質の高い睡眠とは就寝時間ではなく眠りの深さに関係しています。身体だけではなく大脳もしっかりと休息が取れている状態のことです。

眠っている間には通常、成長ホルモンが分泌され日中の疲れや細胞の修復、お肌のターンオーバーといった回復機能が働いていますが、熟睡できない状態つまり、睡眠の質が低下しているとホルモンバランスが崩れて成長ホルモンの分泌も滞ることになったり、肌荒れを引き起こすこともあります。
寝不足はストレスを溜めることになり、集中力の低下など心身が不健康な状態へと傾きかねません。

また寝不足は食欲を増大させてしまうこともあるのです。食欲を増大させてしまう原因については、厚生労働省が提供する「e-ヘルスネット」で次のように説明されています。

健康な人でも一日10時間たっぷりと眠った日に比較して、寝不足(4時間睡眠)をたった二日間続けただけで食欲を抑えるホルモンであるレプチン分泌は減少し、逆に食欲を高めるホルモンであるグレリン分泌が亢進するため、食欲が増大することが分かっています。

引用:睡眠と生活習慣病との深い関係 | e-ヘルスネット

このように、寝不足によって食欲をコントロールするホルモンのバランスが狂ってしまうことがわかります。

筋肉をほぐし適度な疲労感を与えてくれるストレッチは、就寝前に心身をリラックスさせるのに最適なエクササイズです。

深い眠りで正しく成長ホルモンを分泌させると、疲労回復やお肌の新陳代謝も促進されることになり、集中力や免疫力のアップで心身ともに健康的な1日をスタートさせることができます。

こういった睡眠習慣は美容と健康に非常に重要な要素となりうるのです。

ダイエット習慣に取り入れたい部位別のストレッチ14選

では、具体的なストレッチを紹介していきます。
ここで紹介するものは準備運動などでよく行われるストレッチの種目なので、やったことがあるような動作ばかりです。

これまでは何となく行っていたストレッチでも伸ばす部分を意識したり、ゆっくり呼吸を意識して行うと筋肉が伸びて深く体がほぐれるのを感じるはずです。

一部ヨガのポーズも紹介していますが、ストレッチ運動としても効果があります。簡単なストレッチに体が慣れて柔らかく伸びるようになってきたらヨガやピラティスなどを始めてみるのもおすすめですよ。

全身のストレッチをくまなく行うのは非常に時間がかかることなので、目的に応じて体の部位を選んで行うのが効率的です。

特に力も技術も必要なく簡単に行える運動ではありますが、正しい方法で行わないと効果が上がらない場合がありますので、ストレッチを行う時には以下の4つのポイントに注意して行ってみてください。

  • 伸ばす部位を意識して行う
  • 筋肉の緊張を緩めるようにゆっくりと深い呼吸をしながら行う
  • 痛気持ちいい場所まで伸ばし、20秒以上その姿勢で静止する
  • 体が温まっていると筋が伸びやすいので、体の硬い方やストレッチを始めたばかりの方はお風呂上がりに行うのがおすすめ

それでは、ストレッチを紹介して行きましょう。紹介したストレッチを全てを毎日行うのは大変なので、いくつか選んでダイエット習慣に取り入れていってください。

肩・背中のストレッチ①

©taka – Fotolia

  1. 両腕をまっすぐ上に上げます
  2. 二の腕が耳の後ろくるようにして上で両手を重ねます
  3. 息を止めないようにゆっくりとした呼吸を15〜20カウントします

その状態のまま、左右へゆっくりと上体を倒していくと、体の横の部分もストレッチすることができます。

肩・背中のストレッチ②

©blackday – Fotolia

  1. 肘を曲げて手をそれぞれの肩に乗せます
  2. 肘を後ろに大きく、10〜15回ほどゆっくりと回します
  3. 同様に前方向にも回します

肩が回しにくいという方は片方づつやってみたり、手を肩から離してやってみましょう。誰かサポートしてくれる方がいる場合は、後ろに立ってもらい、肘を後ろに大きく回してもらうと良いでしょう。

背中のストレッチ

©fizkes – Fotolia

  1. 四つん這いの姿勢になります
  2. ゆっくりと息を吐きながら、おへその辺りを覗き込むように背中を丸めて背骨を伸ばします
  3. 息を吐ききったら、今度は息を吸いながら背中を反らせ顔はアゴを上げ、お尻も突き出したポーズになります
  4. この動作を呼吸にあわせて5回ほど繰り返します

ヨガでは「猫のポーズ」といわれています。腰や首が痛いと感じる方は無理をせずできる範囲で行うようにしましょう。

腕と肩のストレッチ

©Prostock-studio – Fotolia

  1. 右腕を上(頭の方)から、左腕を下(腰の方)から背中へ回します
  2. 指先を背中であわせ、キープします
  3. 反対側も同様に行います

肩関節が硬くなっているとなかなか背中で指先をあわせることが難しいストレッチです。片方の肘を頭の後ろでつかみ肘を下へ押すストレッチや、背中で片方の手首をつかんで横に引っ張るストレッチをあわせて行うといいでしょう。

肩のストレッチ

  1. 椅子に浅く腰をかけます
  2. 背筋を伸ばし、両手を真横に伸ばします
  3. そのままの状態で手の平を天井向きに返すようにして、腕を後ろ側にねじります
  4. 次に、手のひらを床から、さらに天井方向に向け、腕を前側にねじります

背中や肩をほぐすストレッチです。後ろ側にねじるときは胸を開いて大きく息を吸います。前側にねじる時は少し背中を丸めて息を吐き出します。腕は肩の位置から回すように意識しましょう。20回ぐらい繰り返します。

胸〜太もものストレッチ

©Syda Productions – Fotolia

  1. 膝立ちの姿勢をとります
  2. 少しづつ上体を後ろに反らせ、両手を踵もしくは床につきます
  3. その姿勢をキープします

お腹・腰のストレッチ①

  1. 仰向けに寝た状態で両手は横に伸ばします
  2. 右膝を持ち上げ、90度にキープします
  3. 肩が床から浮かないように、腰をひねって持ち上げた右膝を左側の床の方に倒していきます
  4. ゆっくりと呼吸をして20カウントほど数えてください
  5. 反対側も同様に行います

仰向けに寝て腰をひねるストレッチです。肩が床から浮いてしまいそうな方は、無理に膝を倒していかなくても大丈夫です。少しづつ筋肉を伸ばすイメージで取り組みましょう。

お腹・腰のストレッチ②

©Viacheslav Iakobchuk – Fotolia

  1. 足を伸ばして座ります
  2. 右足を左膝の外側にクロスさせ、右膝を軽く立てます
  3. 左肘を右膝の外側に引っ掛けて上半身をねじり腰や背骨の部分を伸ばします

手は胸の前で揃えてもいいですし、体勢が安定しない場合は、床に手をついても構いません。
背筋を伸ばして、しっかりと腰を立たせるように意識しましょう。足を伸ばしているのがキツいという場合は、膝を折り曲げて行いましょう。

太もものストレッチ

©fizkes – Fotolia

  1. 仰向けに寝ます
  2. 両膝を曲げてお腹の方へ引き寄せます
  3. 両腕で膝を抱え、お尻や太ももの筋肉を伸ばします

片足ずつ膝を曲げて胸に引き寄せるようにしてもOKです。

足・股関節のストレッチ①

©artem_goncharov – Fotolia

  1. 足を肩幅よりも広く開いて立ちます
  2. 腰を落とし、軽く膝を曲げます
  3. 両手を膝に置いて、片方の肩を内側に入れて手で膝を押します

股関節が広がって同時に背中や腰を伸ばすことができます。

足・股関節のストレッチ②

©fizkes – Fotolia

  1. 足の裏と足の裏を合わせるように座って股関節を開きます
  2. 膝が床につくように手で膝を軽く押します

体全体のストレッチ②

©Andriy Bezuglov – Fotolia

  1. 直立の状態から、右足を大きく一歩後ろに引きます
  2. 腕をまっすぐ頭の方向に伸ばし、上体を前傾にします
  3. 反対側も同様に行います

脚でバランスを取りながら、指の先から踵まで一直線になるように意識しましょう。太ももの前後の開きや腕、背中、脚に掛けての伸びを感じることができます。

体全体のストレッチ③

©undrey – Fotolia

  1. 足を肩幅より広めに開いて立ちます
  2. 左手を上に伸ばして、右手は右膝を支えに上体を右に倒していきます
  3. 反対側も同様に行います

脚を広めにすることで、脚の内側の筋肉をしっかりと伸ばすことができます。上体を倒すときに前かがみにならないように、真横を意識しながら行いましょう。

体全体のストレッチ②

©fizkes – Fotolia

  1. 直立の状態から上半身を倒し、床に手を着きます。
  2. 膝をまっすぐにしていられる位置に手をつき、お尻を高く上に持ち上げるように意識します。体で三角形を作るようなイメージになります。
  3. 頭は飛び出ないように腕の内側に入れます。かかとや太ももの裏、背中など全身の筋肉を伸ばすことができます。

実際にストレッチをやっている方の口コミ

©oneinchpunch – Fotolia

ストレッチをすることでで筋肉を柔らかくしてコリをほぐしたり、血流を良くすることができると重苦しい肩こりも改善させることができます。ストレッチさせる部位を良く意識すると一通りの動作をおこなっただけで、その部位が温かくなっているような感じがしますね。

筋トレのような激しい動作ではなくても、ストレッチはじっくりと時間をかけておこなうと体が温まり汗ばむこともあります。また、代謝が良くなっている証拠かもしれませんね。

ストレッチのやり過ぎはよくありませんね。違和感を感じたら無理をせずにストレッチをやめて休息するようにしましょう。

気持ちが落ち着くような音楽を聴きながらストレッチをするのも良い方法です。1曲分なら5分程度のしっかりとしたストレッチができますね。緊張がほぐれてリラックスできるので体の柔軟性も増すような気分になります。

ストレッチを効果的に取り入れて痩せ体質を手に入れよう

©imacture – Fotolia

ストレッチは自宅でできて道具も必要ありません。思い立ったら今すぐにでも始められる手軽なエクササイズです。

運動不足を感じていても運動する時間が取れないという方でも就寝前の1〜2分をストレッチに当てるだけでいいので無理がなくていいですよね。ストレッチのように軽い動作でも毎日続ければ体調や体そのものが変化してくるはずです。

健康な体こそダイエットに欠かせないものです。ストレッチで心身ともにリラックスしてダイエットに弾みをつけましょう。

話題沸騰のMCTオイル、ダイエットに効果的なワケ|ココナッツオイルとの違いは?

ダイエットに効果あり!?MCTオイルとは?

©irissca – Fotolia

MCTオイルは中鎖脂肪酸のこと

そもそも「MCTオイル」とは何なのでしょうか?
MCTオイルの”MCT”とは、”Medium Chain Triglycerides”の略で「中鎖脂肪酸」を意味します。

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の1つとされ、主にココナッツオイルやアブラヤシから抽出される油、パームオイルなどに含まれています。
そんな中鎖脂肪酸を含むオイルを「MCTオイル」というわけなのです。

MCTオイルは中鎖脂肪酸の含有率100%

では、同じく中鎖脂肪酸が含まれるココナッツオイルとは、何が違うのでしょうか?
それは、各々のオイルに含まれる「中鎖脂肪酸の含有率」に違いがあります。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸量は全体の約60%、一方MCTオイルは100%が中鎖脂肪酸なのです。このようにMTCオイルというのは、中鎖脂肪酸だけを含んだオイルということになります。

MCTオイルの嬉しいダイエット効果とは?

©Africa Studio – Fotolia

2017年5月に放送されたTBSの番組「ダイエット総選挙2017夏の陣」で、MCTオイルダイエットが取り上げられていました。

この番組では、ダイエットしたい女性9人がグループに分かれて、数種類のダイエット法を約1カ月実践していたのですが、なんとMCTオイルダイエットに取り組んでいたグループが、ほかのグループと比べて断トツで減量に成功していたのです。

一番効果があった方は、MCTダイエットに取り組む前の体重が93kgだったのが、ダイエット後は約70kgとなり、約20kgも減量したそうです。

ではなぜ、MCTオイルにはこのようなダイエット効果があるのでしょうか?そこには、ダイエットにつながる嬉しい働きがあったのです。

MTCオイルのダイエット効果①:エネルギーになりやすい

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、体内に取り込まれるとすぐにエネルギーとして変換されるという特長があります。

というのも、中鎖脂肪酸は、体内に取り込まれた糖や脂肪などを代謝する機能をもつ「肝臓」に直接運ばれるようになっています。このため、すぐに代謝されてエネルギーになりやすいのです。

エネルギーに変換されやすいということは、太りにくい体質を作れるということになります。

MTCオイルのダイエット効果②:脂肪が溜まるのを防ぐ

エネルギーになりやすいということは、体内に脂肪が残りにくいということにもなります。

飽和脂肪酸はエネルギーを作る役割を果たすので、人間が生きていく上で必要となる成分なのですが、摂り過ぎると中性脂肪やコレステロールが蓄積され、肥満の原因になるといわれています。
しかし、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸に関しては、そんな飽和脂肪酸の中でも体内に中性脂肪として残りにくい脂肪酸といわれているのです。

MTCオイルのダイエット効果③:脂肪を燃えやすくする

MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、「ケトン体」を作り出すことができるといわれています。

「ケトン体」とは、体内の脂肪が燃えてエネルギーと変換されるときに作られる物質のことです。
この「体脂肪が燃えてエネルギー源に変わるとき」というのはどのようなときかというと、人間のエネルギー源となるブドウ糖が不足しているときということができます。
体内にブドウ糖が少ない場合、ブドウ糖は血糖維持に優先して使われるため、エネルギー源としてはケトン体が使われるのです。

つまり、体内にエネルギー源となるブドウ糖がある場合は、ケトン体は作られにくいということになります。

ブドウ糖は糖質などから作られるので、糖質をセーブして適度に中鎖脂肪酸を取ることで、体脂肪を燃えやすくすることができるということができます。

MCTオイルダイエットの方法

©Dušan Zidar – Fotolia

MCTオイルは、ダイエットに嬉しい効果があることがおわかりいただけたかと思います。

そんなMCTオイルを早速食生活に取り入れたいですよね。ご紹介したMCTオイルの効果を引き出すためには、摂り方を工夫する必要があります。

MCTオイルダイエットのポイント①:1日の摂取量は大さじ1~2杯を目安に

MCTオイルは、1日大さじ1~2杯を目安に摂るようにしましょう。

ダイエット効果のあるオイルだからといって、摂り過ぎは禁物です。
油であることに変わりはないので、過剰摂取は太る原因になります。

また、MCTオイルの過剰摂取はお腹がゆるくなり、腹痛や下痢などの症状を引き起こす場合もあるそうです。
健康的な体でダイエットをするためにも、摂取目安量を守るようにしましょう。

MCTオイルダイエットのポイント②:食事や飲み物に混ぜて取り入れる

MCTオイルは一般的なサラダ油のように、炒め物など調理の過程で使うのではなく、普段の食事や飲み物に混ぜて取り入れることが推奨されています。たとえば、次のような方法で取り入れることができます。

  • サラダなどのドレッシングとしてかける(ドレッシングに混ぜてもOK)
  • スープや味噌汁などの汁物に混ぜる
  • ご飯や麺類などの主食にかける
  • 主菜や副菜などのおかずにかける
  • ヨーグルトにかける
  • コーヒーや紅茶などの飲み物にかける

こうして見ると、食生活の中で幅広く活用できることがわかりますね。「食べ物や飲み物が脂っこくならないかしら?」と心配になるかもしれませんが、MCTオイルはさっぱりとしているので安心してください。味も匂いも特にないといわれているので、違和感なく取り入れることができるかと思います。

また、料理や飲み物によっては、MCTオイルが合う合わないが出てきたり、お好みも変わってきたりすることもあると思いますが、いろいろ試してみながら自分の口に合う食べ物を見つけてみてくださいね。

MCTオイルダイエットのポイント③:加熱は禁物

先程「MCTオイルは、炒め物などの調理工程では使用しない」とご紹介したのには理由があります。それは、MCTオイルの性質が関係してきます。

じつはMCTオイルは、加熱すると低温でも煙が出てしまう性質を持っているそうです。このため、炒め物などで使用すると危険なのです。できあがった炒め物などにMCTオイルをかけるのは問題ありませんが、くれぐれも炒め物や揚げ物用油としては使わないようにしましょう。

MCTオイルダイエットのポイント④:食べ物や飲み物に混ぜたら、すぐに摂取する

MCTオイルを食べ物や飲み物にかけたら、なるべく早く食べたり、飲んだりするようにしましょう。放っておくと酸化しやすくなるためです。上記でご紹介した効果を得るためにも、新鮮なMCTオイルを摂るようにしましょう。

MCTオイルダイエットのポイント⑤:MCTオイル単独では摂らない

アマニ油などのオイルの商品を使ったダイエットの中には、そのまま飲むという方法もあるようですが、MCTオイルに関しては、上記で解説したとおり、食べ物や飲み物にかけて摂取することをおすすめします。

なぜなら、MCTオイルはそのまま飲むと、腹痛や下痢などの症状を引き起こす可能性が高いためです。くれぐれも、MCTオイル単独では摂らないようにしましょう。

MCTオイルの効果を高めるには?

©Andrey Popov – Fotolia

MCTオイル+糖質制限ダイエットで効果アップ

上記でご紹介したとおり、食べ物や飲み物にMCTオイルをかけることでも、ダイエット効果を引き出すことができますが、より一層MCTオイルの持つ効果を高める方法があります。それは、MCTオイルと糖質制限ダイエットとを組み合わせることです。

テレビやラジオ番組などのメディアに出演実績のある整形外科医・畠山昌樹先生は、著書『糖質制限+中鎖脂肪酸で確実にやせる!驚異のMCTオイルダイエット』で、MCTオイルと糖質制限を組み合わせたダイエット法を提唱しています。

畠山先生は、ご飯などの炭水化物の摂取量を減らして、MCTオイルを取り入れることを、糖質制限+MCTオイルダイエットの基本としています。これにより、エネルギー源となるブドウ糖を残しつつも、体脂肪を燃やすケトン体を作り出せることになります。

単なる糖質制限だけだと、ブドウ糖が減るだけで飢餓状態になる恐れがあるのですが、それにケトン体を作り出せるMCTオイルを取り入れることによって、飢餓状態を避けつつ、ダイエットができるということなのですね。

この糖質制限とMCTオイルを組み合わせたダイエット法は、双方の良いところをうまく活用されているダイエット方法といえます。畠山先生が提唱するMCTオイルダイエットの詳細が知りたい方は、ぜひ書籍をチェックしてみてくださいね。

「糖質制限+中鎖脂肪酸」で確実にやせる! 驚異のMCTオイルダイエット

著者:畠山 昌樹
出版社:幻冬舎

amazonでチェック ➤

ダイエットにおすすめのMCTオイル5選

©dream79 – Fotolia

MCTオイルは、スーパーや通販で購入することができます。いろいろな種類があるので、どれを買えばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこでここでは、おすすめのMCTオイルを5つご紹介したいと思います。それぞれ特徴や価格も異なりますが、気になるMCTオイルがあれば、ぜひチェックしてみてください。

MCTコーヒーダイエット [PR]

BODYMAINTEさん(@bodymaintecom)がシェアした投稿

純度100%のMCTオイルに加え、健康維持に欠かせない「オメガ3脂肪酸」や、クロロゲン酸を多く含む「生コーヒー豆エキス」を配合したサプリメントです。

粒状なので持ち運びがしやすく、外出先でも気軽に摂ることができますね。

公式サイトでチェック ➤
amazonでチェック ➤

ダイエットにおすすめMCTオイル①「日清MCTオイル」

日清MCTオイル

メーカー:日清オイリオ
容量:400g

amazonでチェック ➤

一般的なサラダ油からダイエット向けのオイルまで、幅広いオイル商品を販売している日清オイリオから、MCTオイルが発売されています。大手通販サイト・Amazonの口コミ評価も高く、「べたつくこともなく、味も匂いもなかった」や「野菜のおかずにかけるとおいしかった」などの声が挙がっているようです。

特徴

  • 中鎖脂肪酸を100%配合
  • 味や匂いもなく、さらっとした仕上がり
  • オイルタイプ(200gと400g)に加え、パウダータイプ(250g)もあり、用途に合わせて選べる

摂り方

  • オイルタイプの場合は、1回小さじ1杯程度から始めましょう
  • パウダータイプは、1回大さじ1杯程度

ダイエットにおすすめMCTオイル②「Cuore MCTオイル」

Cuore MCTオイル

メーカー:Cuore
容量:360g

公式サイトでチェック ➤

Cuore MCTオイルは、あの長友佑都選手の専属シェフ・加藤超也さんがプロデュースしたMCTオイルです。このMCTオイルは、口コミでも「飲みやすかった」という高評価な声が挙がっています。

健康的で丈夫な体を維持することが大切なアスリートへの食事を提供しているシェフが関わっているだけあって、より質の高いMCTオイルを摂取することができるでしょう。

特徴

  • ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸を100%配合
  • 味や匂いがなく、毎日の食事や飲み物に取り入れやすい

摂り方

  • 1日30g(大さじ2)程度

ダイエットにおすすめMCTオイル③「仙台勝山館MCTオイル」

仙台勝山館MCTオイル

メーカー:仙台勝山館
容量:360g

amazonでチェック ➤

仙台勝山館MCTオイルは、仙台にある迎賓館「仙台勝山館」が手がけるMCTオイルです。大手通販サイトAmazonや楽天でのレビュー評価でも「品質がいい」や「食べやすかった」など、ポジティブな声が多いようです。雑誌などにも取り上げられた実績もあります。

仙台勝山館はほかに、お酒やワイン、ソーセージなども販売しているのですが、開発時には品質にこだわり、食に対する安全性を第一に考えているようです。MCTオイルに関しても同じように作られているので、安心して摂ることができるでしょう。

特徴

  • ココナッツベースの中鎖脂肪酸を100%配合
  • 味も匂いもなく、どの料理や飲み物にも合うように作られている

摂り方

  • 1回小さじ1~大さじ1程度

ダイエットにおすすめMCTオイル④「LOHAStyle MCTオイル」

MCTオイル

メーカー:LOHAStyle
容量:450g

amazonでチェック ➤

糖質制限に特化したダイエット商品を発売しているLOHAStyleのMCTオイルは、多くの通販サイトの健康食品部門で売上1位を獲得した実績のある商品です。レビューでも「空腹感がなくなった」や「食べやすかった」、「価格がリーズナブル」など高評価を得ています。

特徴

  • ココナッツとアブラヤシから抽出した中鎖脂肪酸を100%配合
  • ココナッツ独特の味・匂いがなく、摂取しやすい仕上がりになっている
  • 中鎖脂肪酸に含まれる2つの脂肪酸(カプリル酸とカプリン酸)は、吸収率を高めために配合率が工夫されている

摂り方

  • 1回大さじ1程度

ダイエットにおすすめMCTオイル⑤「プレミアム MCTオイル」

プレミアム MCTオイル

メーカー:プレミアムマーケティング
容量:250g

amazonでチェック ➤

最後にご紹介するのは、プレミアムマーケティングから販売されている「プレミアム MCTオイル」です。このMCTオイルは、Amazonやケンコーコム、楽天などの通販サイトでの口コミで「便通が良くなった」や「お腹が空きにくくなった」など高評価がつけられている商品として知られています。他のMCTオイル商品と比べると、リーズナブルな価格で購入できるところも人気のようです。

特徴

  • マレーシア産のココナッツから抽出した中鎖脂肪酸を100%配合
  • 味や匂いのクセが少ない

MCTオイルの口コミ

©fotofabrika – Fotolia

MCTオイルにはダイエット効果があるといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?ここで、MCTオイルを取り入れてダイエットした方の口コミを見てみましょう。

ほかにもいくつか口コミがありましたが、「減量できた」や「便通が良くなった」などの高い評価が多いようです。また、「お肌の調子が良くなった」といった美容面での効果を時間している方もいました。

テレビ番組でも、MCTオイルダイエットは一番減量に成功していましたし、書籍や雑誌でも取り上げられるほどなので、期待できるかもしれませんね。ただ、単にMCTオイルを取り入れるだけでは、一時的に減量できても後でリバウンドしてしまう可能性があります。そうならないためにも、ご紹介した口コミにもあるように、運動を取り入れるといいでしょう。

ダイエット中の食生活にMCTオイルを!

©poplasen – Fotolia

いかがでしたか?
MCTオイルのダイエット効果をおわかりいただけましたでしょうか。MCTオイルの良さを引き出すには、摂取量や摂り方のルールを守ることがポイントになります。

また、減量できた体型を維持するには、運動も取り入れることも大切です。MCTオイルを食生活に取り入れて、健康的にダイエットをしてみませんか?

痩せて見える服の選び方【春夏編】|着痩せコーデで体型をカバーしよう!

春・夏は気になる部分が目立つ季節!

©YakobchukOlena – Fotolia

寒い冬を乗り越えれば、爽やかな春、そして楽しいイベントも多い夏を迎えることになります。温かくなるのは嬉しいことですが、女性にとって悩ましいことも待っていますよね。それは、「体の気になる部位が目立つようになる」ことです。

春・夏は薄着になって、肌を露出する機会も増えるので、二の腕や太ももなど体の中でお肉が付きやすい部位が気になる時期でもあるのですね。

秋や冬の寒い時期は食欲が増すので、この時期に太ってしまう人が多く、春・夏に近付くにつれて、「このままではまずい!」と焦りを感じる人も多いのではないでしょうか。

春・夏に向けてダイエットしたいけど、「ちょっと間に合わないかも・・・」と思っている人におすすめしたいのが、「痩せて見える服を選ぶ」ことです。じつは服の選び方やコーディネートを工夫すれば、気になる部位をカバーでき、体をほっそり見せることができるのですよ。

痩せて見える服の選び方って?

服やコーディネートで体を痩せて見せるようにするには、9つのポイントがあります。最初から全て把握するのは難しいと思うので、できそうなことから意識して服を選んでみてくださいね。

痩せて見える服の選び方①:寒色系の色を選ぶ

©Fara Faran – Fotolia

着痩せ効果を狙う方法として、一番簡単に実践できることが「寒色系の色を選ぶ」ことです。寒色系の色とは、青や紫などです。

寒色系の色を選ぶことで、体が引き締まって見える効果を引き出せるそうです。さらに、実際より遠くにいるような錯覚を起こすこともできるといわれています。つまり、遠くにいるように感じさせることで、小さくほっそり見せることができるのですね。

一方、反対の暖色系の色(黄色やオレンジなど)は、その名のとおり温かさがある色なのですが、体をふっくらと見せてしまう可能性が高くなるようです。気になる体型をカバーしたいのであれば、寒色系の色の服を選ぶようにしてみましょう。

痩せて見える服の選び方②:縦のラインを意識して服を選ぶ

©Fara Faran – Fotolia

コーディネートを考えるとき、縦のラインを意識することもポイントです。これは「バイカラー錯視」と呼ばれるもので、2色の色を分けるときに縦に分けたほうが細く見えるという錯覚を活用したものなのです。

つまり、縦線を強調するような服を着れば、ほっそり見せることができるということになります。たとえば、「寒色系のカーディガン+白のトップス」は、まさにバイカラー錯視を活用したコーディネートです。

このときポイントになるのが、トップスを1枚で着るよりは、カーディガン+シャツというように2枚でコーディネートするようにすることです。中に着るシャツを薄い色、外に着るカーディガンを濃い色にすると、着痩せ効果をもたらすことができます。

痩せて見える服の選び方③:トップスとボトムスを同系色で揃える

©Fara Faran – Fotolia

先程、服の色は寒色系を選ぶといいということをご紹介しましたが、これは「トップスだけ」や「ボトムスだけ」というように、特定の服だけに限定することではありません。つまり、トップスもボトムスも寒色系=同系色にすることが、着痩せ効果を引き出すことになります。
なぜ着痩せ効果があるのかというと、縦のラインができるためです。

組み合わせ例としては、黒とグレー、青と紫などがあります。トップスもボトムスも同系色にするというコーデは「おしゃれ上級者」ともいわれるので、体をほっそり見せることができるだけでなく、一目置かれる存在になれるかもしれないですよ!

痩せて見える服の選び方④:レギンスやタイツは濃い色を選ぶ

©semisatch – Fotolia

特に春になったばかりの頃は、まだまだ涼しいときもあります。そんなときに活躍するのが、レギンスやタイツではないでしょうか。このレギンスやタイツは色の濃さを意識すると、脚を細く見せることができます。

脚を細く見せるには、色の濃いものを選ぶようにしましょう。キュッと引き締まった脚に見えます。さらに、靴を同系色で揃えると、より一層ほっそりとした脚に見せることができますよ。

痩せて見える服の選び方⑤:柄を意識する

©studioloco / ©Ljupco Smokovski – Fotolia

普段から柄の入っている服を好んで着る方も多いと思いますが、その柄も種類によっては体をほっそり見せることができるのですよ。たとえば、次のような柄に着痩せ効果があります。

ストライプ柄 ボーダー柄のトップスは流行りでもありますし、比較的着やすい柄なので人気があります。しかし見た目のとおり、線が横に広がっているので、それがかえってふっくらとした印象を与えてしまうようです。
このため、線が縦のストライプを選ぶようにしてみましょう。先程ご紹介した「縦のラインを意識する」と似ていますが、線が縦になるだけでほっそりとした印象を持たせることができます。
大きな柄 ストライプ以外の柄(花柄やドット柄など)に関しては、柄のサイズが大きめの服を選ぶと効果的です。なぜかというと、柄1つ1つのサイズが大きいと、その柄に自然と目が向くようになるためです。つまり、気になっている体の部位に注目が集まらなくなる可能性が高くなるのです。「大きな柄って目立ちそう」と思うかもしれませんが、思い切って着てみましょう。

痩せて見える服の選び方⑥:袖口・裾が少し広めの服を選ぶ

体に密着するようにピタッとした服を着てしまうと、当たり前ですが体のラインを強調させることになってしまいます。そこで、少し広めの丈の服を選ぶようにしてみましょう。たとえば、次のような服が考えられます。

袖口が広がっているトップス 袖口がキュッと締まっているトップスを着ると、二の腕のラインが強調されてしまいます。二の腕が気になっている方は、袖口が広がっているトップスを着ることをおすすめします。ブラウスやシャツなどがいいですね。袖口がゆったりしていると、二の腕の太さを感じさせない効果があります。
裾の広がっているボトムス ボトムスに関しても、裾が広めのものを着ると効果的です。特に春・夏はスカートを履く機会も増えてくると思うので、タイトスカートよりも裾が広がっているタイプのスカートを選ぶようにしましょう。ミモレ丈スカートやスカンツ、スカーチョ、ガウチョパンツなどでもいいでしょう。膝上や膝丈のボトムスであれば脚を細く見せることができますし、ロング丈のものであれば、太ももやお尻をカバーすることができますよ。

痩せて見える服の選び方⑦:丈が長めのアウターを選ぶ

アウターと聞くと、秋・冬の寒い時期に着るというイメージがありますよね。でも、春になったばかりの時期や夏でも室内は寒いことがあるので、アウターは欠かせないアイテムなのです。着膨れしてしまいがちなアウターも、着るタイプによっては体をほっそり見せることができます。

たとえば、トレンチコートやロングカーディガン、ロング丈ジャケットといった、縦長のアウターは着痩せ効果抜群です。これは、先程ご紹介した「縦ラインを意識する」に当てはまります。

痩せて見える服の選び方⑧:デコルテや体の細い部位は見せる

敢えて肌を見せることで、ほっそり見せることもできます。とはいえ、見せていい部位というのは決まっています。それは、デコルテと体の細い部位です。

デコルテ デコルテは、見せることによって小顔に見せる効果があるといわれています。小顔に見せることができるのは、Vネックです。このVの開き具合が大きいほど、小顔に見せる効果が高くなるようです。涼しく着こなすこともできるので、おすすめですよ。
体の細い部位 体の細い部位というのは、手首や足首、ふくらはぎなどです。これらの部位は、敢えて露出すると痩せて見える効果があるといわれています。トップスであれば7分丈ブラウスやシャツ、ボトムスであればアンクル丈のパンツやミモレ丈のスカートなどがおすすめです。

痩せて見える服の選び方⑨:大きめの小物を上半身に身に着ける

一見着痩せとは関係がなさそうなアクセサリーなどの小物も、じつは身に着け方で体をほっそり見せることができるのですよ。ポイントは、「大きめの小物を上半身に身に着ける」ことです。たとえば、次のような方法があります。

  1. ネックレスやスカーフをする
    首周りに身に着ける小物代表ともいえるネックレスやスカーフは、ぜひ活用したいものです。ネックレスは縦長で大きめサイズのものがいいでしょう。そしてスカーフも大きめのものを選び、ボリュームを持たせるような巻き方をしましょう。こうすることによって、自然とネックレスとスカーフに目が行くようになって、ほっそりとした印象を持たせることができます。
  2. ブレスレットを着ける
    ブレスレットを着けると、腕が細く見えるといいます。細めのものや太めのものがありますが、どちらかというと太めのブレスレットのほうが着痩せ効果を発揮するようです。
  3. ベルトをする
    少し太めのベルトを着けると、お腹周りを細く見せることができます。ワンピースやパンツを履くときに身に着けると効果的です。
  4. 大ぶりのピアス・イヤリングを着ける
    サイズが大きめのピアスやイヤリングは、顔を小さく見せることができます。特に、縦長のものを選ぶといいでしょう。

これらの方法で小物を身に着ければ、上半身に目が行くのでほっそり見せる効果を発揮するといわれています。

次から、痩せて見える服のコーディネートを具体的にご紹介したいと思います。トップスやボトムス、ワンピースなどそれぞれの服に分けますので、ぜひ参考にしてくださいね。

痩せて見える服のコーディネート①:トップス編

まずは痩せて見えるトップスのご紹介です。トップスといっても、いろいろなタイプや形がありますが、春・夏にぴったりで着痩せ効果があるものをピックアップしたいと思います。

Vネックニットシャツ

➤ 公式サイトでチェック

デコルテの開きが広めのVネックと襟口のレースで、小顔効果を引き出すコーディネートです。ボトムスは、くるぶしがを見せることで全体がすっきり見えるようになっています。

ワイドスリーブのブラウス

➤ 公式サイトでチェック

袖口が少し広めの6分丈のブラウスで、二の腕をカバーしています。ボトムスはアンクル丈のパンツを合わせ、全体的にほっそりとした印象を持たせています。

花柄が大きめのブラウス

➤ 公式サイトでチェック

特に下半身の肉付きが気になる人は、トップスに柄が大きめのブラウスを持ってくることで、視線をそらすことができます。袖もゆったりしたタイプなので、二の腕もカバーしてくれます。

ボトムスはハイウエストにすることで脚長効果を引き出してくれます。

ストライプのブラウス

➤ 公式サイトでチェック

ストライプのブラウスです。縦ラインが強調されるだけでなく、ウエストのベルトがあることで、お腹周りをカバーしてくれています。
袖口が広くなっていて、腕をすっきりと見せる効果があります。

とろみブラウス

➤ 公式サイトでチェック

流行りの「とろみ」ブラウスです。全体的にゆったりとしているので、上半身の体型をカバーできます。ノースリーブとして着ることもできるので、腕がちらっと見えるので華奢な印象を出すこともできますね。

ブラウスがゆったりしているので、ボトムスはアンクル丈のパンツを合わせれば、体全体を痩せて見せることができるでしょう。

ロングミリタリーシャツ

➤ 公式サイトでチェック

袖丈も長くゆったりとしたミリタリーシャツです。これ1枚で着ることもできますが、前を開けてアウターとして着ることでバイカラー錯視を用いた着痩せ効果を発揮することができるでしょう。

袖口がフリルのブラウス

➤ 公式サイトをチェック

袖口がフリルになっているブラウスです。二の腕をカバーと同時に、可愛らしい印象を持たせることができます。お腹周りの丈もゆったりしているので、上半身全体をカバーしてくれますよ。

このコーディネートのようにゆったりめのパンツに合わせてもよし、ブラウスをロングスカートにインするとコンサバ風なファッションも楽しむことができるアイテムです。

Vネックのノースリーブシャツ

➤ 公式サイトでチェック

Vネックのノースリーブシャツです。首元のVネックとノースリーブで、上半身がスッキリしたイメージで着ることができます。ボトムスはくるぶし丈のパンツやミディアム丈のスカートなどを合わせてみましょう。

ボリュームのある袖口のシャツ

➤ 公式サイトでチェック

袖口にボリュームがあるシャツで、二の腕全体をカバーしています。Vネックにもなっているので、顔を小さく見せることもできます。トップスをボトムスにインして、ウエストのシルエットを作ることで体全体の体型が痩せて見えるようになります。

ボヘミアン風ブラウス

➤ 公式サイトでチェック

5分丈ほどのボヘミアン風ブラウスです。全体的にゆったりしているので、上半身の体型を上手くカバーできます。オフショルダーのように着崩すと、首周りがスッキリするので、小顔効果がアップするでしょう。

オーバーサイズシャツ

➤ 公式サイトでチェック

こちらも今流行りの「オーバーサイズシャツ」です。その名のとおり、大きめのシャツなので、上半身の体型をカバーするには最適です。デコルテが広く見えるような、Vネックの開きが大きいシャツを選ぶといいですね。ボトムスにはアンクル丈のパンツを合わせると、スタイリッシュでクールな印象を与えることができますよ。

痩せて見える服のコーディネート②:ボトムス編

次にご紹介するのは、痩せて見えるボトムスです。先程ご紹介したように、少し広めの丈のボトムスや足首とふくらはぎが見えるボトムスを履くと、脚を長く細く見せることができます。着痩せ効果のあるトップスと組み合わせて、体全体の体型をカバーしましょう。

ギャザースカート

➤ 公式サイトでチェック

Aラインのようなロングギャザースカートで、脚を細く見せるコーディネートです。女性の多くが気になりがちなお尻や太ももも、すっきりと隠すことができています。

Aラインのシルエットで、腕や足首など体の細い部分を見せることで着痩せ効果をアップさせることができますね。

フレアスカート

➤ 公式サイトでチェック

ストライプのフレアスカートです。腰の高い位置で履くと、ストライプのデザインの脚長効果も重なりより効果的です。
春夏にはヘビロテできるデザインで重宝しそうな一着です。

柄が大きめのスカート

➤ 公式サイトでチェック

グレーのニットに、大きな花柄のフレアスカートというコーディネートです。フレアスカートのからスラっと見える脚が体全体の細さを感じっせるコーディネートになっています。

ブーツカット・セミフレアのパンツ

➤ 公式サイトでチェック

ブーツカットやセミフレアのパンツは、美脚効果を発揮します。太ももやふくらはぎが目立つこともありませんし、脚をすっきりと格好よく見せることができます。
また、トップスに少しゆったりめのVネックを着ているので、上半身もすっきり見せ、小顔効果も引き出してくれています。

ガウチョパンツ

➤ 公式サイトでチェック

ガウチョパンツは、春夏シーズンに大活躍するボトムスです。7分丈のものからアンクル丈のものまであります。
着痩せを考えるとつい、黒やカーキ、ネイビーなどの色の濃い服ばかりになってしまいがちですが、たまには明るめの色を取り入れておしゃれを楽しみたいですね。

ミディアム丈のスリットカート

➤ 公式サイトでチェック

ミディアム丈は膝下からふくらはぎくらいの長さのスカートです。足の付根やお尻など目立つ部分をカバーして、くるぶしを見せることでスッキリとしたシルエットを作ることができます。
また、スリットが入っていることでちらっと見える脚が女性らしさを引き出すことができます。

クロップドパンツ

➤ 公式サイトでチェック

クロップドパンツとはサブリナパンツに似たパンツです。7分丈からアンクル丈より短い長さのパンツを指すことが一般的です。

このコーディネートでは、裾の広いトップスとクロップドパンツを組み合わせ、腕や足首を見せることでアモーダル補完をつかった着痩せ効果を取り入れています。

アンクル丈のパンツ・デニム

➤ 公式サイトでチェック

春夏だけでなくオールシーズン使えるのがデニムですよね。デニムでも春夏シーズンには明るい色のストレッチデニムが活躍します。
いつものデニムからロールアップしてくるぶし丈にするのもいいですが、春夏にはアンクル丈のデニムを1本持っているとおしゃれの幅が広がります。

ワイドパンツ

➤ 公式サイトでチェック

幅が大きめのワイドパンツで、脚全体をカバーしています。トップスにストライプ柄で、袖口がフリルになっているブラウスを合わせることで、上半身の体型も隠せています。さらに、トップスもボトムスも同系色でまとめていて、とてもおしゃれな仕上がりになっています。

ストライプのスカート

➤ 公式サイトでチェック

ストライプ柄のスカートです。腰の高い位置で履くことでストライプの脚長効果をもっと感じることができるでしょう。

スカンツ・スカーチョ

➤ 公式サイトでチェック

スカンツ・スカーチョは、スカートのように見えるパンツのことです。長めのものをスカンツ、短めのものをスカーチョというようですが、ほとんど同じ意味として使われています。

見た目がスカートのようなので、パンツよりも可愛いらしく仕上がります。また、短いスカートを履きたいけど自信がないという方は短めのスカンツ・スカーチョを試してみてはどうでしょうか。きっとおしゃれの幅が広がりますよ。

痩せて見える服のコーディネート③:ワンピース&オールインワン編

最後にご紹介するのが、ワンピースとオールインワンです。ワンピースやオールインワンは、トップスとボトムスの痩せて見えるポイントができるだけ入っているものを選ぶといいですね。シンプルなものが多いワンピースやオールインワンを着るときは、小物も上手く使うと着痩せ効果を引き出すことができるでしょう。

カーディガン風ワンピース

➤ 公式サイトでチェック

ワンピースをあえてカーディガン風に着て、縦ラインを意識したコーディネートです。中はシンプルに白シャツとデニムでにすることで、花柄のワンピースが映えます。

ストライプ柄ワンピース

➤ 公式サイトでチェック

全身にストライプ柄が入ったワンピースです。ノースリーブなので、体全体を細く見せることができます。
ワンピース単独で着てもいいですが、丈の長いベストを重ね着するとより、縦のラインを上手に使った着痩せコーディネートになります。

花柄のワンピース

➤ 公式サイトでチェック

花柄が大きめなリゾートワンピースです。足首を見せているところと、柄が大きいところ、袖口が少し広がっているところが着痩せポイントです。

キャミソールワンピース(キャミワンピ)

➤ 公式サイトでチェック

エスニック柄のキャミソールワンピース(キャミワンピ)です。
ストライプのように見えるデザインで、縦のラインを作りやすくなっています。

キャミソールタイプなので、華奢なスタイルが作りやすいワンピースとなっています。

シャツワンピース

➤ 公式サイトでチェック

ストライプ柄のシャツワンピースです。シャツワンピースはゆったりとしているものが多いので、体全体の体型をカバーするには最適です。ストライプ柄を選べば縦ラインもできるので、体を細く見せることができますよ。

ノースリーブのワンピース

➤ 公式サイトでチェック

ベージュのシンプルなノースリーブのワンピースです。ウエストの位置が少し高めでAラインのように仕上がっており、お腹周りを細く見せることができます。腕にブレスレットをしたり、帽子をかぶったりしてアクセントを付けて、視線を集めるようにするといいでしょう。

オフショルダーのワンピース

➤ 公式サイトでチェック

ミディアム丈のオフショルダーのワンピースです。オフショルダーはデコルテから肩まで出るので、顔を小さく見せることができます。
袖を肩の方に引き上げれば、普通のワンピースとしてのスタイルも楽しめます。鮮やかな色のワンピースなので、アクセサリーやシューズはシンプルにまとめるのがベストです。

デニムオールインワン・コンビネゾン

➤ 公式サイトでチェック

デニムのオールインワン・コンビネゾンです。
オールインワン・コンビネゾンとは、上下がつながった服のことをいいます。ワンピース同様、1枚でサラッと着れるので、春夏シーズンには重宝します。

袖口がフリルになっていて、二の腕を細く見せる効果があるほか、ウエストの大きめリボンがくびれを効果的に作り出し、脚長効果もあるでしょう。

Vネックのオールインワン・コンビネゾン

➤ 公式サイトでチェック

首元がV字に大きく切り込んだオールインワン・コンビネゾンです。
寒色系であるグレーと白のオフショルダーの組み合わせで、首元がスッキリして見えるコーディネートです。

キャミソールのオールインワン

➤ 公式サイトでチェック

キャミソールタイプのオールインワンです。トップスはキャミソール、Tシャツ、ブラウスなどなんでも合わせやすく、1枚持っていればいろんな着回しができる一着です。

ウエストに絞りがあるので、くびれのシルエットを作ることができます。

ブラウス×タックパンツのセットアップ

➤ 公式サイトでチェック

ブラウス×タックパンツのセットアップです。
ブラウスは腰のあたりに絞りがあり、ウエストがキュッと締まって見えるのに効果的です。

タックパンツはお尻にあたりは緩やかに、くるぶしに掛けて締まるようなデザインになっています。
お尻がペチャとしているというのが悩みな方は、脚がきれい見せることができるでしょう。

着痩せ効果のある服を選んで、おしゃれを楽しもう

©Africa Studio – Fotolia

いかがでしたか?これまで体型に自信がなく、ファッションを楽しむことができなかったという方も多くいたと思います。でも服の選び方を工夫すれば、ほっそり見せることができるので、この機会に服選びのポイントをおさえてみませんか?

今はデザインも豊富で、おしゃれで可愛らしい服が多く作られています。服選びを楽しみながら、着痩せ効果を引き出していきましょう!